セフレが欲しいならやはり出会い系サイトが一番

「セフレが欲しい」と思った瞬間から、その欲望に抗える男性はいません。
ほとんどの男性が、いったんその欲望を払拭したと思っても、またある時、むっくりと頭をもたげるのです。
頭の隅にへばりついたその欲望は、知らぬ間に増殖を始め、やがて悪性の腫瘍のように宿主を煩悩の淵に立たせるのです。
「セフレが欲しい」と、「思い立ったが吉日」と考えて、早速行動に移してみましょう。

「セフレが欲しい」と考える、大抵の男性が思い描く女性の年齢を、ほんの少々上げて考えることが重要です。
つまりセフレ年齢を、20代後半から40代半ばまでの既婚者を許容範囲に想定します。
すると、とたんに希望が沸いてきます。
男性はとかく「若い子」を好みますが、この現象は「新札(ぴん札)」を使いたい・もらいたい現象と同じです。
新札でもらっても旧札でもらっても、その価値は変わりません。
「でも気分が違う」と思ったら、「価値は同じ」と思えばいいことで、実際は他から見れば大した問題ではないのです。
自分だけの意味のない「こだわり」で、巡り来るチャンスを自ら潰すことはないのです。
もっと素直な気持ちで運とチャンスを受け入れれば、きっと欲求は叶うことでしょう。

セフレ関係を構築しようとすれば、当然のことながら「不倫」を行うことになります。
不倫はその関係が発覚した時に称される名称ですが、その関係が発覚しなければ不倫は成立しません。
つまり、第三者にその関係が発覚しない限り、不倫の成立要因はないことになっているのです。

法律的には、殺人を行っても証拠となる死体が発見されなかったり、殺人を立証できなければ殺人罪には該当しません。
本人の証言だけでは不十分なのです。
このように不倫関係というのは、それが露見しなければ不倫とはならないのです。
そのために、既婚者にセフレ関係を求めても、第三者にその関係が発覚しなければ不倫とはなりません。
セフレ関係を構築したり維持するには、終始「口外無用」の精神を貫かなければなりません。
「秘密の保持」がセフレの条件であるということを、肝に銘じなければなりません。

女性は年齢を重ねることによって、性欲は増していきます。
さらに夫には飽きられ、女性としては見てもらえなくなっています。
ある調査によると、中年女性の不倫率は半数を超えているともいわれています。
これは、セフレ関係を求める男性にとっては「渡りに船」というべきではないでしょうか。

「若い子をセフレにしたい」と思っている男性も多いことでしょうが、若い子は面倒なことばかりです。
まず男性が中年だと分かると、敬遠されてしまいます。
中年と聞いて思い浮かべるのは自分の父親です。
「臭い・汚い」が前面に立ち、容認できる好意的な感情はありません。
それに、セックスのテクニックもマナーも誉められたものではありません。

それよりは既婚者を狙ったほうが成功率は高いし、満足後は高いことが予想されます。
既婚者にターゲットを合わせると、昼間の時間帯が狙い目です。
主婦はセックスが終わったら、すぐに家に帰らなければなりませんから、男性にとってはフォローが楽だと思われます。
若い子とはセックスが終わり、さあ解散とはいきません。
こんなことをしたら、即座に険悪な雰囲気になります。
既婚者とのセックスは、時間帯が限られることが問題ですが、割り切った関係を築くことはできます。
つまり、男性にとって「面倒くさい」ことから解放されることは最大のメリットではないでしょうか。
既婚者とのセックスを楽しみたいのであれば、最大限その女性の立場を尊重しましょう。
そして、女として扱うことを忘れてはいけません。

人妻との出会いにはやはり出会い系サイトが一番です。
若い子は出会いまでの時間がかかりすぎます。
それは出会いには慎重な部分があるからです。
実際に出会うことになっても、時間をずらして現場に現れたり、遠くから品定めをしたりと、臆病さが目立つ行動を取りますが、人妻はそうではありません。
とにかく、誰かと出会いたいのです。
出会ってから品定めをしてもいいと、考えているようなのです。
年齢の成せる業と言うべきでしょうか、会ってからどうしてもいやな相手なら、その場でも断れるという自信があるようです。
男性にとってはこのほうが気が楽でしょう。
相手女性が好みならば、一心不乱に口説き落とせばいいだけなので、「割り切り」という前提条件にはぴったりです。

出会い系サイト選びにもコツがあります。
老舗サイトを選ぶことです。
それに会員数が多いこと、そのような優良サイトにしか人妻はいません。
人妻は出会い系サイト選びの段階では、非常に真剣になります。
いかがわしいサイトや、出来立てのサイトは絶対に選びません。
「冒険は出会いにだけかける」というのが人妻の知恵となっているのでしょう。

「人妻とのセフレ関係は疲れる」という男性がいます。
いろいろなことを聞いてあげなければならないので「疲れる」のでしょうが、それは贅沢というものです。
女性はとかくおしゃべりが好きなものなのです。
聞いてあげることは、男性として当たり前なことなのです。
聞いてあげるから信頼関係が構築されるのであって、出会った男性が亭主の代わりになるからです。
こうして、信頼関係を構築できれば、長くセフレ関係も続くことになります。

唯一つ注意しなければならないことは、男性側がプライバシーについて質問するのはNGです。
相手女性が話すことは聞いてあげて、質問されたら答えればいい事で、男性が細部に渡って質問することは止めましょう。
そんなことをすれば、「小さい男・いやな奴」というレッテルを貼られることになります。
そうなると関係は崩壊の道を辿ることになります。